人気ブログランキング |
<   2012年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧
1月31日 火曜日 晴れ

痛恨。

昨日、気が抜けない1週間になる、と書いたばかりなのに、こちらのミスで予定通りに納車できなくなった車が一台発生した。

延期になったのは、木曜日に予定していた豊中市Yさんの97/940TACK。

それも、わざわざ大安吉日に有給休暇をとっていただき、あとはコーティング作業だけなので、まずよほどのことがない限り大丈夫です、というメールを入れた直後のアクシデント。
それもまったくお詫びのしようもない恥ずかしいエラーである。

メカニックの最終調整が完了し、ガラスコートの業者に車を渡す前に、念のためにと思い最後のテストドライブに走りだしたとき、ボンネットが開くというアクシデントに見舞われ、ボンネットとボンネットヒンジに歪みが発生してしまったのだ。

もちろん、それはボンネットの閉止を確認せずに走ってしまったことが原因で、まったく言い訳のしようもない初歩的なミス。

幸い、それほどのスピードではなかったので、大きなダメージにはならなかったが、それでもそれは板金工場の修正作業が必要な損傷で、ご迷惑をおかけすることになってしまった。


まったく初めてのことで、その瞬間は動転し、直後ひどく落ち込んだが、とにかくできるだけのリカバリーをしなければならないと気を取り直して、まずはその場でYさんへの報告とお詫びの電話、そして板金工場になんとか最短で修復していただくよう、無理をお願いした。

1週間の納車延期。

とにかく、全力を尽くして、今以上にいい状態に仕上げてお渡しするしかない。


Yさん、まことに申し訳ありませんでした。
by yoshimi-auto | 2012-01-31 22:32 | sorry
1月30日 月曜日 曇り一時小雪

winterplay

昨日、気象庁から、「強い冬型の気圧配置に関する全般気象情報 第1号」が発表された。

「全般気象情報」というのは、警報や注意報に先立って注意を呼びかけたり、警報や注意報の内容を補完するために発表されるものらしいが、それによると、明日から週末にかけて、日本の上空にかなり強い寒気(なんでも5500mのところで-43℃以下ということらしい)が流れ込んでくるようで、日本海側では風雪荒天、太平洋側では、冷え込みがかなり強くなって、ひょっとしたら雪かも、ということなので、ちょっと心の準備をしておきたい。


月曜日の交通整理。

台数も少なかったが、すべて順調に進んで居残り組は一台。

@98/V70 2.5 知人からの紹介で、新車からずっと正規ディーラーでメンテナンスされていた車を始めて入庫していただいた茨木市NさんのV70。先週末に点検結果をレポートし、整備内容も打ち合わせも終えているので、実質的な整備は今日がスタート。部品は手配済。


週末入庫組

@90/240GLワゴン 昨年暮れに納車した西宮Yさんの240だが、走行中にリアホイールから大きな音がして車体が下がってきたということでレッカー入庫。まったく初めての現象で、スプリングの損傷も疑ったが、今のところまだ何も見つかっていない。不可解だが精査要。

@93/240GLEワゴン 3年前からメンテナンスを承っている住吉区Aさんの240は、朝いちばんでアイドリングが不安定になるという、寒い時期の定番的な不具合。暖まると安定するということなので、メカニカルな問題ではなく電気的な、おそらくECUセンサーの寿命だろう。

@90/240GLセダン 納車後2回目の車検で週末に入庫した京都市Tさんの240。前回の車検ではほとんど手を入れるところなく済ませることができたが、さすがに今回は足回りやマウントに劣化が見つかり、追加整備が必要になった。見積を電話で伝え、整備進行中。

@01/V70 2.4 納車後初めての車検で入庫した京都市HさんのV70。去年12ヵ月点検も受けていただいているので、整備に関しては問題はなさそうだが、自損事故による外装の修復があり、ややきびしい見積になってしまった。やはり車両保険に加入すべきなのか。


預かっている車は少ないが、今日一台、明日もう一台、そして木曜日、土曜日に一台ずつと、買っていただいた車の納車が続くので、まったく気が抜けない1週間になる。

この前撮った写真の整理もしなくちゃならないし。


立春まで、もう一息。


and so on,

吉見自動車のツイッター
吉見自動車のストックリスト
by yoshimi-auto | 2012-01-30 18:42 | good luck
1月28日 土曜日 晴れ

the heart of saturday night

朝、一瞬だけ小雪が散らついたが、日中は陽が射して昨日より幾分暖かい。

天気図を見ると、小さな低気圧が南岸から近づいていて、昨日までの強い冬型の気圧配置が少し緩んだカタチになっているが、それも束の間で、明日からまた冷え込むらしい。

昨日、環境省から花粉情報が発表されたが、それによるとスギ花粉の飛散は2月中旬あたりから始まって3月上旬がピーク、例年より少し遅いようだ。


大寒の週末。

先週に続いて、ややあわただしい土曜日だったが、先週とは逆のパターンで、3時を過ぎてから、人の流れが激しくなり、狙っていた車の競りの時間なども重なって、スタッフ3人が休む間もない2時間になった。

いつも書いていることだけど、この人の流れだけはまったく読めなくて、数えてるみると全部で6組のお客様だったが、事前に土曜日の午後とアポイントをいただいていた4組のお客様すべてが、いっせいにその時間帯に押し寄せたことになる。

納車直前(2月2日の大安指定)の97/940TACKを、ご家族(奥様と1歳半になる娘さん)で見に来ていただいたのは豊中市Yさん。

別にとりたてて打ち合わせをすることがあったわけではなく、納車までにもういちど車を確かめておきたいということだったので、最終チェックを終えて洗車場にある赤い940を見ていただき、その後四方山話。

この車は、このあとご依頼のガラスコーティング施工のため、出張することになっている。


重なるように高槻市のTさんが、これもやはり二人の娘さんとご一緒に。

今M板金で外装の仕上げをしているワイン/タン革の240クラシックを見ていただくことになっているTさんだが、どうも奥様からやんわりとオブジェクションがあったようで、他のボルボも一応見てみたいということでのご来店だった。

いろいろ話をしていく中で、「われわれがいくら心配ないですよといってもセールストークになってしまうので、実際に240に乗っていらっしゃるお客様の話でも聞けたらいいんですけどねえ」といった話をしているところに、その実際に240(90/240GLセダン)に乗っていただいている京都のM夫妻が、車検のためお越しになった。

4年前に買っていただいたMさんの240セダンは、これまで昨夏のエアコンのリフレッシュ以外はこれといったトラブルもなく、至極順調に乗っていただいていて、これが2回目の車検。

Tさんご夫妻にはその赤い240セダンをとても気に入っていただいていて、その体験談なども話していただいたのだが、肝心の奥様がおられないので、さてどこまで伝わったか。

これは、黙して待つしかない。


そのあと代車予約の猪名川町Yさん、ポルシェ930ターボの箕面市Tさんと続き、最後に初めてのお客様、福島区のKさんがご夫妻で。

Kさんには、もともと雑誌を通して、シルバーの240ルビーレッドの240にお問い合わせいただいていたのだが、シルバーは工場での整備、ルビーレッドは売約済みということで、意中の車を見ていただけない状況でのご来店だったので、お越しいただくのが申し訳ない気持ちでいたが、展示場にあった、昨日撮影したばかりのアイスブルーの試乗をご希望され、即決でご契約いただいた。

240という車は、年式が旧いのであたりまえのことだが、国産車から(現在日産キューブという車を所有)乗り換えを考えておられる方の中には、上記Tさんのように不安を感じる方も多く、商談に時間のかかる車なので、この素早いご決断にはやや驚かされた。

人と車の出会いは、ほんとうに何年経ってもわからない。

ともかくKさんご夫妻には感謝。
その心意気にお応えできるよう、しっかりと整備してお渡ししたい。



忙しくても、こんな風に一日が終われば、疲れは感じない。



and so on,

吉見自動車のツイッター
吉見自動車のストックリスト
by yoshimi-auto | 2012-01-28 18:53 | thank you
1月27日 金曜日 晴れ時々曇り
a0132812_18245626.jpg




写真、撮ったどー!!




and so on,

吉見自動車のツイッター
吉見自動車のストックリスト
by yoshimi-auto | 2012-01-27 18:25 | hello
1月26日 木曜日 曇り時々晴れ一時小雪

cold, cold, cold

朝、車の外気温計が-2℃を表示するのは2回目だが、昼間も北風が冷たく、間違いなくこの冬いちばんの寒さ。公式の大阪の最低気温(AM9:00)も、-0.9℃と氷点下を切った。

もちろん天気図は完全な冬型で、大陸の寒気団から太平洋の低気圧に北西の風。

その季節風は、日本海から水蒸気をもらい日本海側に雪を降らす。
日本海側で雪が降れば、太平洋側には冷たい乾いた空気。

昨日発表された3ヶ月予報でも、2月は全国的に厳しい寒さが続くということだから、陽が長くなったというものの、春はまだ遥か彼方のようだ。

それにしても、去年に続いてのこの寒さ。

ひところしきりに言われた地球温暖化とやらは、どこかへ行ってしまったような気がしないでもないが、この寒波は西太平洋のラニーニャが原因だそうだから、やはり地球は広い。


定休日明けの寒い木曜日。

昼間、すこし陽が射したので、遅れに遅れているHPにまだ掲載できていない在庫車の撮影を目論んだが、いざという段になって小雪が散らつき始め、頓挫。

振り返ってみれば、「さっさと仕上げてさっさと展示・掲載しないと展示場もHPも、ちょっと淋しすぎる」という記事を書いたのが、ちょうど2週間前で、そのときから展示車は4台増えたが、今日みたいにさあやろうと思ったときは天気が悪かったり、天気のいいときには他のことに忙殺されたり、なかなかうまくタイミングが合わず、決して自慢できることじゃないけれど、HPのほうはそれからまったく進んでいない。


今日撮ろうと考えていたのは、

□ 90/240GL ワゴン --- アイスブルー --- 102,900km --- 78万円

□ 05/XC90 2.5T --- ブラックサファイア --- 61,200km --- 218万円

□ 91/240GL-LTDセダン --- ワインレッド/黒革 --- 96,000km --- 85万円


やっと見つけた240のワゴンとセダン、そして去年から、ひょっとしたら2000年以降のボルボの中で、いちばん良くできているんじゃないかとひそかに思っているXC90。


あと、ボルボではないが、暮れに下取りで入庫した

□ 88/ルノー・キャトル4GTLキャンバストップ --- レッドオレンジ --- 69,600km

これは、前のオーナーが大切に乗っておられた車なので、うまく次のオーナーが見つかればいいなあと思っている車だが、さてどういう風に売っていこうかと考えているところ。


M板金で外装の仕上げを施している車が4台ある。

□ 92/240CLASSICワゴン --- ワインレッド/タン革 --- 85,600km

□ 04/XC70 ブラックED --- ブラックサファイア --- 67,300km

□ 05/V50 2.4 --- シルバーM --- 9,400km

□ 97/940CLASSIC --- D・グリーンM --- 106,900km


ワイン/タン革の240と200台限定のブラックサファイアXC70は既報だが、V50と940は、その後に入庫した車たち。

とくにV50は、取り扱うのがまったく初めての車で、しかも走行距離が1万km足らずという極上車なので、どういう反応があるか興味深々の一台だし、お客様の中でも最も優等生のひとりYさんが乗っておられた940CLASSICは、きわめて丁寧に手が入った良質の車なので、これもまたどういう人のところに行くのかが楽しみな車である。


いずれにしても、まずは見ていただかないことには何も進まないので、インターネットの海をはやく泳がせてやりたいと思う。

明日は撮る!


and so on,

吉見自動車のツイッター
吉見自動車のストックリスト
by yoshimi-auto | 2012-01-26 22:23 | diary
1月23日 月曜日 曇りのち小雨

new moon on monday

今年初めての新月だが、29.4歳の極細の三日月は、雨雲で見えない。

東京では、雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろうという予報が出ているけれど、今のところタイムラインにも、雪のつぶやきは流れてこない。

twitterやfacebookといったソーシャル・ネットワークの拡がりで、全国各地の天気のこともリアルタイムで情報が入るようになって、日本もけっこう広いなあと感じることが多くなった。

明日も、こんな天気かな。


月曜日恒例の交通整理。

@85/240GL アメリカからの部品待ちで居残っていた吹田市Tさんのオールド240は、先週末に無事届き現在工場で車検の準備中。おととし夏に初めて預かり、AT本体の交換という重修理を経て初めての車検だが、25歳という高齢の車だけに、やはりただではすまない。

@00/BMW320i 昨年の夏、お客様からの紹介で車検のご用命をいただいてからのお付き合いになる豊中市TさんのBMWは、オイル漏れ。お預かりしたときはちょっといやな予感がしたが、点検の結果オイルエレメントハウジングのパッキンからのものと判明し、ひと安心。

@05/レンジローバー ヴォーグ 昨秋納車したHさんのレンジローバーは、停めておくと車高が下がるという典型的なエアサスの不具合。ひょっとしたら別のところかもと一縷の望みを託してディーラーで点検したが、やはりそうだった。高級車だけあって部品が高いのだ。

@91/240GL-LTD これもまたお客様の紹介で、去年からケアをさせていただいている猪名川町 I さんの240は初めての車検。少しずつ整備を進めていっている車で、まだ完成の域まで達していないので、追加整備がいくつか発生したが、車は確実に良くなっている。

@89/ポルシェ930ターボ 昨秋大英断で箕面市Tさんが購入されたちょっとスペシャルなポルシェ。昨年末に手を入れたリアワイパーの調子が悪いということでの再入庫。この前の手当てが悪かったのか、はたまた何か新しい不具合か、電気は見えないので始末が悪い。

@97/V90 2.5 アイドリングにばらつきがあるということで入庫した摂津市 I さんのV90。原因は予想通り点火コイル、つい先日も別のV90で同じ部品を交換したが、このモデルの弱点といえるポイントの一つだろう。今回は一本だけを中古で交換するつもりでいるが。

@99/V70 Nordic 新車からずっと正規ディーラーでメンテナンスされていたという茨木市NさんのV70だが、ある方のご紹介でメンテナンスを承ることになった。初めての入庫なので、ルーティンどおりまずは健康診断からだが、最初が肝心なのでしっかりと点検したい。


ということで、今週は7台。

ありがたいことにお客様からのご紹介でお越しいただくお客様が多い。

それはわれわれにとって何よりも嬉しいことなのだが、同時にご紹介いただいたお客様に恥をかかせるわけにはいかないというプレッシャーがかかるということでもある。

そのプレッシャーを、なんとかポジティブなエネルギーにかえて、前に進んでいきたいと思う。


Be Positive !


and so on,

吉見自動車のツイッター
吉見自動車のストックリスト
by yoshimi-auto | 2012-01-23 22:20 | diary
1月22日 日曜日 曇りのち晴れ

a sunday kind of love

朝、霧が濃かったが、午後になって陽が射してきた。

昨日一昨日とずいぶん降ったが、このあと週明けからは横に並んでいた等圧線も縦じまになり、西高東低の冬型の気圧配置に戻るようだ。

明日の大阪の予想気温が2℃-7℃だから、まさに大寒。

寒波襲来、だそうである。


昨日と同じように、納車・入庫での人の往来。


朝いちばんは、SAABのOさん。

本国手配になっていた部品の取り付けと、不調だったドアロックの修理が無事に完了して引き取りに来ていただいた。うかがっていた異音の正体が発見できなかったのはやや不本意だけれど、保証期間もまだずいぶん残っているので、「様子見」ということで。

そのあと茨木市Tさんの04XC90 2.5Tのタイヤ交換、午後になって猪名川町 I さんの91/240GL-LTDの車検入庫、箕面市Tさんの89/ポルシェ930ターボの入庫など。

さらに、きのう車を見に来られた箕面市Sさんのご主人単独での再訪があり、昨日乗ってもらえなかった赤い940の試乗をしていただいた。

この商談の行く先は、まだ予断を許さない。


納車は、12月にご契約いただいた04/XC90 2.5T。

8年前に買っていただいた赤い240ワゴンで石川県小松市からお越になったのは、Dさんファリー。もうずいぶん前のことなのであまりよく憶えてはいないが、その時小さかった二人の男の子がもうすっかり少年になっている。

遠いところからお越しいただいて240を買ってもらい、その車を大切に8年間乗っていただき、さらにまたこんな遠いところの車屋で、別の車に乗り換えてもらえるなんて、車の販売を生業にするものにとって、最高に幸せなこととしか言いようがない。

1990モデルから2004モデルへの乗り換えは、タイムスリップするようなものだから、慣れるのに少し時間がかかるかもしれないけれど、XC90はとてもいい車だし、お買い上げいただいた車もすごく状態のいい車だったので、240と同じように長く乗ってもらいたいと心から思う。

お帰りになるとき、兄弟のお兄ちゃんから、「あの車(240のこと)どうするんですか?」と訊かれたのが印象的だった。

どうするかはまだ決めてないけど、もちろん捨てることなんて絶対ありません。

走行距離が15万kmを越えているので、商品にはなかなかしづらいけれど、きちんとメンテナンスして乗られていた車なので、すぐに代車にはせずに、できればデモカーとして再生させてみようかなんて思ったり。

なんとかお兄ちゃんの想いを残してあげたいな。


and so on,

吉見自動車のツイッター
吉見自動車のストックリスト
by yoshimi-auto | 2012-01-22 18:42 | thank you
1月21日 土曜日 雨

purple rain

雨の週末。

大阪は、最低が6.8℃最高が9.2℃ということだからさほどでもないが、東京の公式データが最高が3.7℃で、これは1年に1度あるかないかという寒さらしい。

衛星の画像でも、雨雲が列島を覆っていて、この週末は全国的に天気が悪い。

週明けからはぐっと冷え込む(はず)。


そんな天気にもかかわらず、週末らしく人の出入が多かった。


開店前に、納車と入庫。

お渡ししたのは、事故で長期入院していた堺市Tさんの09/XC90 3.2、お預かりしたのは、コーナリングでの異音が気になってとおっしゃる能勢町Sさんの01/V70XC 2.4T。

どちらもお忙しい方で、朝一番(8時半)しか時間がとれないということだったので、早朝対応をさせていただいた。 しょっちゅうあることではないが、このあたりを臨機応変にやっていくのが、小さなショップの本分でもある。

10時になって、レッドパールの93/240GLEを買っていただいた豊中市のKさん。

昨日メールで送信したレポートをもとにしての、納車前の追加メンテナンスの打ち合わせだったが、必要最小限でいきましょうということですんなりまとまった。

05モデルのV70からのお乗り換えというちょっと珍しいケースだったので、あらためて話をうかがうと、ご主人も奥様もいちど240に乗ってみたかったということで、すごくポジティブに考えておられるようなのでちょっと安心した。 

きっといい出会いになる。


そのあと立て続けに、850のOさん、V90のNさん、そして940のKさん。

どの車も、待っていただいている間に作業ができる軽いメンテナンスでの入庫で、土曜日はメカニックが午前中しか対応できないので、こんな風にこの時間に重なるのは仕方がない。

四方山話をしながらお待ちいただき、作業がすべて終わったのがちょうど12時だった。


午後からも、3時過ぎまで人の流れが続き、夕刻になって先日から何回か車を見に来ていただいている箕面市のSさんが、ご家族でご来店。

この前は90/240GL04/V70 2.5Tという両極端の車に乗っていただいたが、今日はちょうどその中間ともいえる97/940CLASSICに乗っていただいた。

もう一台、ご主人専用の旧い車をお持ちだということで、奥様も運転できるファミリーカーとしての車を探しているということだったので、いろんな意味でこの940がSさんファミリーにはいちばんフィットするんじゃないかと、個人的には思っているが、人の車に対するこだわりどころというのは、それこそ人の数だけあるので、こればかりは、ひたすら朗報を待つしかない。


Good Luck !


and so on,

吉見自動車のツイッター
吉見自動車のストックリスト
by yoshimi-auto | 2012-01-21 18:39 | good luck
1月20日 金曜日 雨のち曇り

cloudy

大寒の候。

1年でもっとも寒いといわれる時期だが、今日はそれほどでもない。
ただこのあと来週半ばから「第一級の寒気」が停滞するという予報がでているので要注意。

いよいよ冬のピーク。


週末に向けていつもならあわただしいはずの金曜日だが、今日はひっそり。

そんな中、久しぶりにアフリカからの来客。

アフリカといっても、近くにあるJICA(国際協力機構)で滞在している人たちで、ZAMBIAという国から来た男女二人ずつの4人組だが、マツダとホンダの車の、かなり読みにくい手書きのパーツリストをもってきた。

パーツを買って帰りたいということだ。

これまで話したアフリカの人たちのほとんどが、車、それもトヨタの車を買いたいという人ばかりだったので、話を聞いてみると、ザンビアという国ではほとんどがトヨタの車なので、それ以外のメーカーのパーツを入手するのがかなり難しいらしく、どうもそのマツダ(型式からトリビュートという車と判明したが、どんな車だかよくわからない)とホンダ(アクティ)に乗っている友人から頼まれたものらしい。

ふと思い出して、去年の同じ日のブログを辿ってみたら、タンザニアからもらったオーダーの車が見つかったという報告の後に、こんなことが書いてあった。

それにしても、
4年前、ふとしたことで始まった身体が大きくて朗らかなタンザニアの好漢との「縁」が、こんな風に繋がっていくとは、振り返って考えると、たぶん向こうもそう思っているだろうけど、奇跡に近いような気がしてきた。

一昨年「タンザニア物語」という連続ブログでも書いたように、はじまりはぎこちないものだったけれど、つきあっていくうちにだんだんと信頼の手ごたえがお互いに生まれていくその感触は、ふだんわれわれがショップで、日本人のお客様と交わすコミュニケーションの過程とまったく同じで、気持ちのいいつきあいに、言葉も距離も国もぜんぜん関係ないんだということを、あらためて感じさせてくれる。

商売のことだけでいうとそんなに「おいしい」話ではないし、大きな展開になる可能性もほとんどないと思うけれど、どんなカタチであれ、気持ちのいい人たちとのコミュニケーションは楽しいし、なによりも自分たちの送った車が、アフリカの大草原サバンナを疾走しているのを想像するだけでもワクワクすることだから、できればずっと続けていきたいと思っている。


ここしばらく車のオファーはないが、いちばん最初のきっかけとなったDenisとは、年賀状ならぬNew Year メールのやりとりは続いているし、ついこの間も電話で話したばかりだ。

この4人と会うのはもちろん初めてだし、彼らもDenisのように長期間の研修ではなく、2月初めには母国に帰ってしまうということだから、どれだけうまく心が通じあえるかわからないが、気持ち良く帰国してもらえるように、できるだけのことをやってあげたいと考えている。

パーツ探しが、うまくいくといいんだけど。


ところで、彼らが今滞在しているJICAの大阪センターは、独立行政法人の事業仕分けとやらの俎上にのせられて、今年の3月末には閉鎖されてしまうようだ。

天下りや無駄遣いにまつわるいろいろはともかく、こんな風な出会いが、この先もうなくなってしまうかと思うと、やはりちょっと淋しい。

目がキラキラしていて好きだったけどな、アフリカの人たち。


and so on,

吉見自動車のツイッター
吉見自動車のストックリスト
by yoshimi-auto | 2012-01-20 19:05 | good bye
1月19日 木曜日 曇りのち雨

have you ever seen the rain ?

この前がいつだったか覚えていないくらい久しぶりの雨、それも本降りだ。
これで気温が低ければ雪なんだろうけれど、今のところこちらではそんな気配はない。

ただ、東京には明日雪マークがでているので、要注意。

冬の雨降りとなると車の作業はまったく進まないし、予定していた撮影ものびのびになってしまうけれど、それでもやっぱりたまには雨も降ってくれないと、ちょっと困る。

納車を控えているので、週末にはなんとか回復してほしいけれど。


定休日明けの木曜日。

火曜水曜で作業が順調に進み、車検の車や事故で入院していた車が何台か戻ってきた。

工場から戻ってきた車は、そのまま返せるわけではなく、われわれサービスの人間が、その車が入庫した時に作成した「入庫管理表」の記載をもういちどチェックして、指示の漏れがないかどうか、そして職人さんたちに依頼していた作業がきちんと完了しているかを確認して、はじめて完了のお知らせをするという流れになる。

車の洗車・掃除は、できるだけ直前にやりたいので、納車の日時が確定してからである。

まあ日々こんなことの繰り返しだが、ひとつとして同じものも同じこともないので、飽きることはない、というよりも、新しいことの発見の毎日といってもいいくらいだ。

今日作業完了のお知らせをしたのは、この5台。

・94/940ターボSE
正月早々の自損事故でお預かりした車だったが、年末の事故頻発のアオリを受けて、作業に取り掛かるのが遅れたため、それほどの損傷ではなかったにもかかわらず2週間かかってしまった。代車特約に入っておられたため、ずっとレンタカーのは幸いだったが、それでもやはり愛車に勝るものはないというのが本音だろう。さっそく本夕刻納車済み。

・95/850T-5Rセダン
車検での入庫。整備内容が確定したのが月曜日だったが、部品の手配が順調に運び、今日の昼前に無事帰還。納車後初車検にもかかわらず、足回りやマフラーに劣化が見つかったのはやや不本意ではあるけれど、新車から17年目ということを考えると、やむを得ずというところでもある。週末土曜日の納車。

・01/V70 2.4
これも納車後初車検の車だが、上記850と同じようにフロントの足回りの末端部品の消耗があった。FFの車は、すべての機能がフロントに集中しフロントへヴィの状態になるので、どうしてもFRよりこういう末端部品の消耗が早い。ただやはり850よりも年式が新しいので、追加整備がその作業だけで済んだのは幸いだった。これも土曜日納車。

・09/XC90 3.2
昨年12月半ばからのお預かり、リアバンパーと左サイドの2事故で、かたや相手があって過失割合が確定できていない対物損傷、かたや自損事故での車両保険ということで、保険交渉が手間取ったこと、時期的に年末年始が挟まってしまったこと、そしてその時期に事故車が重なり取り掛かりが遅れたこと、さらに乗っていただいていた代車の2度にわたる不具合などで、オーナーのTさんにはたいへんご迷惑をおかけした車で、とにかくいちばん気になっていた車が、やっと戻ってきた。追加でご依頼のタイヤ交換も完了している。留守電通知。
正直なところ、とにかくこの車が済んで、やっと年が明けたという感じである。

・99/SAAB9-3
年を越すまえ(お正月に乗ってもらえるよう)に渡したかったので、とりあえずというカタチで、走行に差し支えのない2つの不具合を残して納車した車だったが、年明けに入庫してきた部品の取り付けと、ドアロックの電気的な不調は、無事完了している。
もう一点、入庫時にうかがった異音がどうしても確認できないのだが、その状況から緊急性はないと判断し、保証期間がまだ残っていることもあり、メカニックとも相談し、いったんお返しすること決めた。まだお知らせはしていないが、日曜の人なので、日曜納車になるだろう。


あと、週末納車予定だったXC90も、予定通り今日最終の手入れと試乗が完了し、小松市のDさんにお知らせすることができた。

メカニカルな部分ではあまり心配のない年式だが、電気系統、とくにコンピュータ関連のところでつまずくと、思わぬ手がかかる車なので、最後まで気を抜くことはできなかったが、なんとか無事クリアできて、ホッとしている。

あとは乗っていただいてから、ということになる。


珍しく木曜日にしてメカニックの手が空いた。


and so on,

吉見自動車のツイッター
吉見自動車のストックリスト
by yoshimi-auto | 2012-01-19 19:04 | diary



あるボルボショップの日常、悪戦苦闘の日々。
by yoshimi-auto