人気ブログランキング |
カテゴリ:sorry( 56 )
12月22日 土曜日 曇り

river

3年連続のクリスマス寒波、とのうわさ。

日本気象協会から「2012年12月23日(日)からの寒波襲来に関する情報」の発表があった。
この冬一番の寒波だそうで、しかも去年よりも強いらしい。

どうも今年はエルニーニョ現象がなかったらしく、暖冬という予想が覆ったようだ。


最後の週末。

メカニックが午前中だけという土曜日だったが、来週のことを考えてペースアップ。
一昨日リストアップした整備中の7台のうち5台をフィニッシュしてくれた。

今日納車できたのは、木曜日の時点で完了していた6台のうちの4台と、今日作業を済ませた5台のうちの1台の計5台。

面白かったのは、この5台すべて(240/940/850)が「CLASSIC」というグレードだったこと。

以前に書いたこともあるが「CLASSIC」は、最も完成度の高い最終モデルを表すボルボの共通のグレードだから、販売台数も多いけれど、それにしてもぜんぶがCLASSICというのは、あまり記憶にない。

間に合わなかったのが茨木市Nさんと神崎郡Tさんの940。
Nさんの940は単純な時間切れなので問題はないが、Tさんの940は交換した中古部品に問題があるということなので、これはちょっと気にかかる。

あとは、買っていただいた2台の仕上げだが、こちらはメンテナンスの車のように順調というわけには行かず、最終段階になって細かなところの不備が見つかって、岸和田市YさんのV90は24日の夕刻、大阪市Yさんの240は27日昼への延期を余儀なくされた。

どちらの車も、「走る、止まる、曲がる」といった機能面の問題があるわけではなく、納車できるレベルまでひととおり仕上がってはいたが、細部とはいえやり残したことがあるのは不本意なので、その事情を説明し、なんとかご理解いただいた次第。

Yさん、申し訳ありませんが今しばらくお待ちくださいませ。


こんな3連休の初日。


and so on,

twitter
stock list
facebook

当社facebookページに「いいね!」を入れていただいた方に、感謝のしるしとしてお車のオイル交換を、無料サービスさせていただいています。ご希望の方は、お申し出の上、ご予約ください。
by yoshimi-auto | 2012-12-22 22:33 | sorry
12月21日 金曜日 曇りのち雨

covered in rain

ゆず湯の冬至。

一年の間で日がいちばん短い一日だが、この日の夜明けがいちばん遅いというわけではないし、日没も一年でいちばん早いというわけではない、というのが不思議なところ。

夕刻から、冷たい雨。


ending weekend

年明けの入庫予約が、ボチボチと入り始めています。
というよりも、こちらから緊急性のないものはそのようにお願いしているのが実情。

この時期のこの祝日が年末スケジュールの大きなネックになるのは毎年のことですが、今年は(去年もそうでした)3連休なので、年内でメカニックの動ける日があと4日しかなく、どうしても年末年始に使いたいとおっしゃる車の修理やメンテナンスに関しては、不本意ながらそういう風に対応せざるを得ない状況です。

もちろん、28日までは営業していますので、オイル交換などの軽微なメンテナンスはお受けできますし、突発的なアクシデントに対してもできる限り手を尽くしたいとは思っていますが、お預かりせざるを得ない症状の車に関しては、年内納車をお約束できない場合もありますので、誠に勝手ながら、その旨ご理解いただければと思います。

歳末の週末。

みなさまのお車の無事を祈りつつ。


and so on,

twitter
stock list
facebook

当社facebookページに「いいね!」を入れていただいた方に、感謝のしるしとしてお車のオイル交換を、無料サービスさせていただいています。ご希望の方は、お申し出の上、ご予約ください。
by yoshimi-auto | 2012-12-21 22:16 | sorry
11月30日 金曜日 曇り

one and only

冬型

大陸にいる1038hPaの大きな高気圧の西下で、全体の気配が動く。
天気図を見ていればその気配やそれで天気がどうなっていくかということは感じとれるけれど、大陸の高気圧がどうして常に西に移動するのかということはわからない。

毎日そんなことを追っかけていると、どうもなにか得体の知れない大きなものに支配されているとしか思えなくなることがある。

自然というよりは、宇宙の意志といったようなもの。

たった一つのもの。


月末

毎年同じことを言っているようにも思うが、11月は足が速い。

12月になれば、今年もこれで終わりだといっそ覚悟も決まるが、この晩秋とも初冬ともつかないあいまいな気候や、これといって際立った行事がないこともあって、なんとなく知らないうちにすっと過ぎ去ってしまうような気がして仕方がない。

月末だからといって特別忙しいわけではないが、週末に向けて準備が進む。

車というものは工場で大量に生産されているものだから、基本的には均質で人間のように個性というものはないはずだけれど、それが使い込まれることによって様々な変化がおきて、たとえば240のように新車から20年というレベルの車になると、人間と同じように、ついているパーツは同じだけれど、乗る人によって個性とでもいえるような違いが生まれてくる。

悪いところや弱っているところの治療をして、オーナーの元に返すというのが整備の仕事で、もちろん機械としての原則や合理性に基づいてやっていくわけだが、その微妙な個性のようなものの治療には正解というものがないので難しい。

2000年以降のモデルだと、ほとんどの機能がコンピューターによる制御なので、まずはテスターにあててエラー情報をチェックするという、まさに機械的な対応から始めるわけだが、そんな車でさえ、ちょっとしたフィーリングや異音とかは個別解になるので、それ以前の年式のモデルならなおさら。

今週もそんな車たちが何台か入ってきていて、まあなんとかひとつひとつ解決はできているが、なかなか100%の自信を持ってお返しできる車はそれほど多くはない。

今週いちばん辛かったのは、アイドリング不調で入庫してきた車にトランスミッションの不具合が見つかり、AT本体の交換を余儀なくさせられたことだ。

人間のたとえでいうと、心臓の不整脈で入院してきて胃潰瘍が見つかったというような感じだが、費用のかかることだけに、手術が必要ですと伝えるのは、心苦しいものだ。

いつも書いているようにお客様とのコミュニケーションがこの仕事の肝であるということは良くわかっていて、なかでも修理におけるインフォームド・コンセント(情報を得た上での合意)がいちばん大切だということは身にしみているので、現状でわれわれがわかっていること、そのために行った検査の内容、そしてそれを回復させるためにどういう手当てが必要か、オーナーにはどんな選択肢があるか、またその場合、それぞれどれくらいの費用がかかるのかということをオーナーにはお伝えしたたが、こんなストーリーのある車で、われわれとしても愛着の深い240だし、お互いに予想外のことだっただけに・・・。


「伝える」のは難しい。
I'm sorry なんだけど、申し訳ありませんというのもちょっと違うし。


and so on,

twitter
stock list
facebook

当社facebookページに「いいね!」を入れていただいた方に、感謝のしるしとしてお車のオイル交換を、無料サービスさせていただいています。ご希望の方は、お申し出の上、ご予約ください。
by yoshimi-auto | 2012-11-30 18:04 | sorry
11月5日 月曜日 曇り

fool in the rain

みなさま、いつも拙いブログをご愛読いただきありがとうございます。

えー、月曜日はいつもなら恒例の交通整理の日なんですが、今年もあとわずか2ヶ月ということもあり、本日は吉見自動車にはたいへん珍しく会議(ミーティング)の開催を予定しておりまして、この日々のうだうだを書いている時間がとれそうもありません。

申し訳ございませんが、本日はこれにて失礼いたします。

では明日また。


and so on,

twitter
stock list
facebook

当社facebookページに「いいね!」を入れていただいた方に、感謝のしるしとしてお車のオイル交換を、無料サービスさせていただいています。ご希望の方は、お申し出の上、ご予約ください。
by yoshimi-auto | 2012-11-05 18:13 | sorry
11月1日 木曜日 晴れのち曇り
a0132812_1819727.jpg

only time - sweet november

霜月朔日。

北風が吹いて、少し寒い。

日に日に朝晩の冷え込みが強くなり、秋が深まっていく。
紅葉前線が近畿まで拡がってきた。

箕面の山は、あともう少し。


定休日明け

「順調」が今週も続き、工場に入れる車がなくなった。
台数が少ないわけではないのに木曜にこの感じというのは、悪くない。

で、車がなくなったら、書くこともなくなった。

というか、単純に今日工場に行く車がなくなっただけで、入院中のものや整備中にもの、そして週末にお返しする車など、10台ほどはお預かりしている車はあるし、これから納車する予定の車も何台かあって、それぞれにあれやこれやはあるわけだけれど、いつも同じような話ばかりではつまらないだろうし。

こんなときは、無理に話を仕立てても仕方がないので、また旧い240の画像でもあげてお茶を濁しておきます、1985年モデル、ボーンホワイトの角目4灯です。

柔らかないい色ですね。


ということで、今日のところはこれにて。


and so on,

twitter
stock list
facebook

当社facebookページに「いいね!」を入れていただいた方に、感謝のしるしとしてお車のオイル交換を、無料サービスさせていただいています。ご希望の方は、お申し出の上、ご予約ください。
by yoshimi-auto | 2012-11-01 18:20 | sorry
10月5日 金曜日 晴れ

今日お返しした車(89/240GL)のことで、納車直後にお叱りを受けた。

7月末に納車し、その納車後初めてのクレーム入庫で、承ったところはすべてクリアし、さらにご本人からは申告のなかった雨漏りも発見し、そこまでは良かったが、その雨漏りの修理の始末が悪く、信頼して預けたのにがっかりしたと、胸が痛くなるような電話をいただいたのだ。

フェイスブックページの記事にもあげたが、240のフロントガラスは、接着剤で貼り付ける仕様になっていて、この240はその接着剤が劣化して、そこから雨水が侵入していた。

劣化しているところだけをピンポイントで塞ぐコーキングという補修の方法もあるのだが、年式などから考えて全体に劣化が進んでいると判断し、やはり根本的にやろうということで、ガラス屋さんに、再接着を依頼した。

手順そのものはごくシンプルなもので、

フロントガラスの周囲にクリップで取り付けられているゴムモールを外す
   ↓
フロントガラスを外す
   ↓
外したガラスとボディの接着面をきれいに清掃する
   ↓
ボディ側に接着剤(防水用のブチルテープ)を貼り付ける
   ↓
ガラスをそこにのせて、ガラスモールを取り付ける
  ↓
テープで軽く抑えて一日養生

という工程だが、繊細なものだけに、専門の業者でも神経を使う作業になる。


クレームは、接着剤のブチルテープがボディをはみだしてしまっているということ。
フロントガラスの周囲に張ってあるものだから、それがはみだせば運転席から丸見えになるわけで、さぞや不愉快な思いをされたことだろうと思う。

実質的な要因は作業そのものにあるのは間違いないが、それをコントロールするのはわれわれの仕事だし、納車の前に、というか作業が終わった後にしっかりと確認さえできていれば防げたことだから、それはやはり手落ちとしかいいようがない。

オーナーの気持ちになりきれていなかったということである。

「遠方の方なのでしっかりと手入れしてお返ししたい」とつぶやきながらのこの不手際は、どうしようもなく恥ずかしい。


対応は、素早いリカバリーにつきる。

まずはお詫びするのは当然だし、それほどかんたんに信頼を取り戻せないことはわかっているが、なによりもまず車の状態をあるべき姿に戻すこと。

幸いにも日曜の朝、お会いいただけることになった。


Kさん、誠に申し訳ありませんでした、心よりお詫び申し上げます。



吉見自動車 一同
by yoshimi-auto | 2012-10-05 21:43 | sorry
9月17日 月曜日 晴れのち曇り
a0132812_18183654.jpg

holiday

敬老の日。

台風サンバは勢力をかなりおとして朝鮮半島へ。
台風の尻尾のような雲が、太平洋高気圧の淵に沿って集まってきて雨雲になっている。

予報は雨だったが、ほとんど降らない。


quiet monday

少し前から商談を続けてきたお客様との契約が昨日2件成約となり、その勢いで今日もなんとかと目論んだが道を走る車の数も、初日と比べると圧倒的に少ないし、そうなると来る人も少ないのが成り行きで、典型的な連休最終日といった一日だった。

やっぱり家でゆっくりという人が多いのだ。

今週は土曜日も祝日で、実質的にはウィークデイ(職人さんたちが仕事する日)が4日間ということなので、明ければあわただしくなりそうだが、今日のところはきわめて平穏。

いつもなら、恒例の交通整理というところだが、めったにないこの静かな一日にかこつけて、明日まで延期することにした。

土曜日はラッシュで、しっかりと書くことができなかったが、今日は自主的にちょっと休憩。

明日からまた。


and so on,

twitter
stock list
facebook

当社facebookページに「いいね!」を入れていただいた方に、感謝のしるしとしてお車のオイル交換を、無料サービスさせていただいています。ご希望の方は、お申し出の上、ご予約ください。
by yoshimi-auto | 2012-09-17 18:21 | sorry
9月15日 土曜日 晴れ一時雨

sun shower

狐の嫁入りがあった。
「狐の嫁入り」という言葉をきくと、黒澤明の映画「夢」のシーンを思い出す。

台風サンバは、衛星画像で見るとかなり大きなトグロを巻いていて、その中心には「目」がはっきりと見えるから、これはやはりかなりの大物。

明日は沖縄上陸か。


3連休の初日。

連休の初日らしく、西行きの高速道路は、朝から10km以上の渋滞。
ショップの前を通る車の量も、いつになく多くて、ずっと途切れない。

午前中は17日に納車予定の93/240GLEの最終試乗。

これまでにひと通りのダメだしとその修正は終わっていて、もうほぼ完成といってもいいレベルまでは仕上がっている車だが、チェック漏れがないかどうか、乗り手を換えて試すのがこの試乗だが、やはり粘り強くやってみるもので、細かなところだがいくつか気になることが見つかって、試乗の足を工場まで延ばして、修正を施した。

納車は火曜日だが、月曜日が祝日なので、実質的には今日が最終日といってもよく、いつものように、なんとかかろうじて間に合ったというところ。


このあと3時過ぎまでは平穏な感じだったが、4時を過ぎてから、商談や納車や入庫など、堰をきったようにお客様の来店が続き、デスクに座る間もなく、タイムアップ。

今日のところは、これにて失礼。


and so on,

twitter
stock list
facebook

当社facebookページに「いいね!」を入れていただいた方に、感謝のしるしとしてお車のオイル交換を、無料サービスさせていただいています。ご希望の方は、お申し出の上、ご予約ください。
by yoshimi-auto | 2012-09-15 19:16 | sorry
7月26日 木曜日 晴れ

hot summer day

東北で梅雨が明けて、全国的に夏。

太平洋の高気圧(小笠原気団)がしっかりと張り出して、大阪でも35℃-25℃を超えた。
たぶん今年いちばん暑い。

夕立はないのかな。


定休日明け。

灼熱の中、週末に向けて整備が進む。

そんな中、火曜日と水曜日で整備入庫の約半数6台の作業が完了し、少し先が見えてきたと思っていたら、好事魔事多しで、今日お返しした車が、再発生で戻ってきてしまった。

先週から多発していたなかなか症状が出てくれなかった940のうちの一台で、その中でも、同じ症状での3回目の入庫、しかも走行が少ないということで同型車種に乗り換えていただいたYさんの車ということで、とくに気を使ってテストを繰り返した車にもかかわらず。

お返しするときに、100%ではなく90%ですからとは、常套句として言ったものの、症状の再発もあり、外した部品にもその要因が見つかり、いつもより念入りな交換後の試乗(発生したときと同じ状況で試す)でも再発することはなかった車なので、メカニックもわれわれも、それなりの自信をもって送り出した車だけに、ショックは大きい。

もちろん初めてのことではないけれど、こういうのはその度に心が折れそうになる。

それよりもなによりも、いつも信頼してお任せいただいているYさんに、お詫びのしようもなく、申し訳ない気持ちでいっぱいである。


まあ、気を取り直して取り組むしかないんだけれど。


and so on,

twitter
stock list
facebook

当社facebookページに「いいね!」を入れていただいた方に、感謝のしるしとしてお車のオイル交換を、無料サービスさせていただいています。ご希望の方は、お申し出の上、ご予約ください。
by yoshimi-auto | 2012-07-26 17:54 | sorry
4月20日 金曜日 雨のち曇り

right as rain

穀雨の候。

「雨が降って百穀を潤す」という意味からきている言葉だそうだが、まさにそんな感じのやわらかい雨が夜半から降り続いている。

5月の新緑を輝かせるのは、この雨だ。

夕刻になって雨はあがったが、どうもやはりこの週末は雨模様、それも本降りのようだ。


週末。

あれこれと、お客様のある車に追われて、仕入れた車のHP掲載が滞っている。

なかにはすでに展示している車や撮影の準備ができている車もあって、本来ならいち早く情報を発信すべきウェブサイトの更新、その前段階の撮影さえもが後手に回ってしまっているのは、やはり相当まずく、ずっと気になっていながら手付かずというのはもっとまずい。

ということで、苦し紛れの泥縄ではあるけれど、とりあえずせめてスタンバイしている車たちのスペックだけでも、ということで。


□ 92/240GL ワゴン --- クラシックレッド --- 112,400km --- 89万円

□ 04/V70 2.4 Titanium --- チタニウムグレーP --- 66,300km --- 128万円

□ 99/V70 Nordic --- シルバーメタリック --- 29,800km --- 85万円

□ 97/940CLASSIC --- ダークグリーンP --- 35,500km --- 99万円



この4台はすでに展示中。

上の2台、赤の240とチタニウムV70は、最近仕入れた車ということですでに一度告知していて、辿ってみれば一ヶ月以上前のことだから、言い訳できない。

恥ずかしながら、そのときの記事を再掲しておきます。

赤の240ワゴンは定番中の定番で、展示場になければ淋しいと感じるようなモデルだが、そんな定番さえも、なかなか見つからないというのが昨今の240事情。

この車はインターネットで探し出して、兵庫県三木市まで買い取りに行った。

プロのオークションであれば、プロの査定士がいて、ある程度の客観的な情報が入手できるので、車を見る前に大まかな判断はできるが、個人売買の場合は相手が一般の人なので、車を見ることは必須だし、ときには「空振り」ということもあるが、その手間を惜しんでいると、探しものはなかなか見つからない。

この車は店主自らが現地に赴いて精査した240なので合格点。

92モデルの240は、エアバッグやABSといった安全装備が装着された終期モデルで、240らしいクロームメッキのモールやグリルの設定があるのはこれが最終の年式なので、クラシカルなイメージの240を探している人にとっては、最適といえるモデルかもしれない。


V70のチタニウム・エディションは限定車。

1953年に発表されたボルボ初のエステートモデル「PV445 デュエット」から50周年になるということでその記念モデルとして造られたのがこのチタニウム・エディション。生産台数が全世界で5000台、日本にはそのうち500台が輸入されたということだ。

仕入れたのは三重県で開催されているトヨタのオークション。

輸入車を販売するショップは、ほとんどが出品台数の多い大きなオークションか、輸入車専門のオークションがその仕入れの場で、トヨタで下取りした車が出品されるトヨタのオークション、それも中部地方のオークションに口座をもっているところは、あまり多くない。

そしてふだんは国産車を扱っている人たちの会場なので、輸入車の相場に疎いことも多く、ときおりいい車が安く落札できることがあって、この車もそんな狙いで落札した一台。

昨日落札したばかりなので現車をまだ見ていないが、この車の最大の魅力は、やはりカラーのコーディネーションだろう。

文字通り「チタニウム・グレー」となずけられた「R」モデル専用の渋いグレーのボディに、シルバーメタリックのバンパーとドアのモール、そしてルーフレール。

インテリアも、アルミのパネルとT-5 Sports に使われているブラックレザーのシートが使われていて、写真を見ているだけでも雰囲気を感じるスペシャルモデルだ。

さらにT-5 Sportsのオプションの、セルフレベライザーがついたスポーツサスペンションやHIDが標準で装備されているということなので買い得感も高い。


下の2台は、どちらも走行が少ない極上車。

どちらもそれほど人気のある車ではないので、240あたりと比べると、価格的なアドバンテージが大きく、しかもどちらもステーションワゴンとしての完成度の高いモデル、しかもこの走行距離なので、実質本位の車を探している人にとっては「掘り出し物」といえるレベルの2台なんじゃないかと自負している。


あと、まだ値段のついていない240ワゴンが4台。

240は、常に探している車だが、2月3月で立て続けに240ワゴンが動き、在庫状況がさびしくなったので、全国のあちこちから見つけてきた240たちだ。

□ 92/240 CLASSIC ワゴン --- ダークグリーン --- 132,200km

□ 93/240GLEワゴン --- クラシックレッド --- 131,500km

□ 93/240GLEワゴン --- ダークグリーン --- 57,800km

□ 92/240GL ワゴン --- ダークブルー --- 74,700km



最初の240は鹿児島のオークション、その次の240はユーザーからの買取。

われわれが扱う240としては少し走行距離が多いが、前者はダークグリーン+タン革というなかなか見つからないアレンジのクラシック、後者は整備記録簿が13枚残されていて、素性のはっきりした上質車ということで、仕入れたもの。

あとの2台は、ほんとうに見かけることが少なくなった10万kmを切った240。

3台目、ダークグリーンのGLEは、火のでるようなきびしいセリで競り落とした5万km台。
最後のダークブルーは、側面にキズが多く、外装補修にお金がかかりそうなので、思い切って全塗装を目論んでいる7万km台だ。


ぜんぶで8台。

GWまでに、なんとか撮影だけでもとは思っているが・・・。


and so on,


吉見自動車のtwitter

吉見自動車のストックリスト

facebook もはじめました。
「いいね!」が30を超えると、何かいいことが起こるそうなんで、ぜひクリックを!
by yoshimi-auto | 2012-04-20 19:01 | sorry



あるボルボショップの日常、悪戦苦闘の日々。
by yoshimi-auto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31