2月16日 木曜日 曇りのち晴れ

a hazy shade of winter

2月も半ばを過ぎて。

昨日は北海道で暴風雪、沖縄で夏日、気温の差が46.4℃というすごい一日だったようだ。

大阪では、ひと雨ごとに春がほんの少しずつだけど近づいている感じで、今日も午後からは少し陽が射して、なんとなくほんわりと暖かかった。

枯れていたショップの芝生も、少しずつ緑に変わりはじめた。

週末にまた寒くなるらしいけど。


曇り空の間隙を縫って、なかなかできなかった展示車の撮影。


今日撮影したのはこの4台。

□ 04/XC90 2.5T --- シルバーM --- 55,400km --- 198万円

□ 06/V70 BLACK ED. --- サファイアブラック --- 31,100km --- 188万円

□ 05/V50 2.4 --- シルバーM --- 9,400km --- 139万円

□ 92/240CLASSICワゴン --- ワインレッド --- 85,600km --- 105万円



XC90 2.5Tは、最近ミニバンに乗りたくない人たちの7人乗りとして(もちろんこの車の魅力はそれだけじゃないですが)ウチでは定番となりつつあるモデル。

この車は、すでにアップしてある黒のXC90の前から展示していた車だが、先日この黒のXC90に問い合わせがあって、そのときに指摘を受けて未掲載だったことに気づいた。

とっくに掲載していると思っていた車だけに、狐につままれたような気分での撮影だった。


黒のV70は、先日240を納車した豊中市Kさんから引き取った車。

Kさん自身はワンオーナーだったこの車を1年足らずしか乗っておられないが、別にこの車になにかしら不具合があったわけではなく、ただ240に乗ってみたい、それもとても珍しいルビーレッドというボディカラーの240とのめぐりあいがあっての乗り換えなので、この車の状態は、先日も試乗に駆りだしたが、すこぶる良好。

2007年のフルモデルチェンジ前のモデルだから、完成度はかなり高いはず。


V50は、とにかく9,400kmという走行がポイント。

今日も撮影のために車を動かしたが、ステアリングのタッチは新品同様のものだし、新車の匂いもまだ残っている。

京都で新車登録されたこの車が、どうして走行がこんなに少ないのか、そのオーナーどういう理由で乗り換えたのかはわれわれには知る由もないが、人が車を乗り換える理由はそれこそ人の数だけあるわけで、ごくまれにこんな極上車が出てくるから中古車は面白い。

V50はステーションワゴンとしては少しサイズが小さいのでこれまで積極的には扱ってこなかったモデルだけれど、このクオリティなら自信を持ってプッシュできる。

売っているほうが言うのもあれだけど、ほとんど走っていないといってもいいV50(新車価格381万円)が、カローラフィールダーより安いというのは、バーゲンプライスといってもいいんじゃないかと、ひそかに思っているのだ。


最後の一台は240クラシック。

探してほしいといわれても、なかなかみつからないタン(ベージュ革)シートの240ワゴンは、年末にゴールドの240セダンを納車した八尾市Yさんからの下取り車。

入庫したときは高速道路の接触事故で右側面が無残な有り様だったが、板金のMさんががんばって仕上げてくれたおかげで、時間はかかったが、見違えるようにきれいになった。

あらためてMさんの技術力を思い知る。

右のセンターピラーを修正しているので、厳密にいうと「事故車」という扱いになるが、当該箇所は見事に修正されているし、側面の損傷なので走行には差し支えないと断言できる。

走行距離も、めっきりとヒトケタの車が少なくなった20年落ちの240でこの距離なら、3万kmのV70と比べても、遜色ないように思える。

ただ残念ながらすでに商談が入っていて、この週末に見ていただくことになっている。

運よく決まれば、この画像は不要になるが、そうなれば more better


撮影がすんだら、画像と文言。

できるだけ早くHPに掲載したいと思っています。

乞うご期待!


and so on,

吉見自動車のツイッター
吉見自動車のストックリスト
[PR]
by yoshimi-auto | 2012-02-16 22:32 | good luck
<< 2月17日 金曜日 晴れのち曇... 2月13日 月曜日 曇りのち雨 >>



あるボルボショップの日常、悪戦苦闘の日々。
by yoshimi-auto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30