2月6日 月曜日 雨のち曇り

rhythm of the rain

朝の雨音。

少しだけ春を感じさせる雨が夜半から降っていたが、雨が上がると寒くなった。

天気図は春っぽいけどやはりまだ冬。
明日は雨で、南岸の前線が通り過ぎたら、また寒さがぶり返す。

こういうことを繰り返して、季節が変わっていく。


週明けの恒例。

居残り組

@93/240GLEワゴン アイドリングの不安定はとりあえず点火系のリフレッシュで解消したが、もうひとつのデフロスターのことで部品待ち。純正が5万円以上するブロアファンが、円高のの恩恵で半額以下になるんだから、これはもう待つしかないパターンである。

@01/V70 2.4 納車後初めての車検で入庫している京都市HさんのV70は、自損事故による外装の修復が少し遅れていてまだ完成していない。戻ってから車検の点検・整備に入るが、なんとか最小限の整備でパスできることを願っている。今週末にはお返ししたい。


入庫組

@92/240GLE 昨年9月に納車した大阪市Mさんの240は、ETCの取り付けといくつかのマイナートラブル。 アクセルワイヤーと触媒の不具合は、完全に治すとなると部品代や工賃がそれなりの金額になってしまうので、どちらも治さずに修理というスペシャルケアを施した。

@98/940TACK メンテナンスをはじめてから3年目になる吹田市Yさんの940は2回目の車検での入庫。前回も消耗品だけで通ったが、今回はそれよりもさらに手間がかからず、ほんとうの最小限ですでにパス。走行が10万km以下とはいえ、さすがにTACKと感心する。

@90/240GLワゴン 走行中にリアの足回りに異常があるということでレッカー入庫していた西宮市Yさんの240は、工場での点検や試乗では何も見つからずいったんお返ししたが、納車直後に症状が再発。最悪のパターンだが、とにかく発見に最善を尽くすしかない。

@92/240GLワゴン 東京で買ってきた240を、登録から初期整備まで一切をやってほしいというご依頼で、東京から直接入庫した大阪市Hさんの240。Hさんからはご購入前からいろいろと相談を受けていた車だが、まずはいつものようにひととおり点検するところからスタート。

@98/940CLASSIC 2年前納車直後のエンジントラブルでご迷惑をおかけした生駒市Tさんの940だが、その後は順調に走ってくれていて、昨年の12ヵ月点検の結果も良好だったし、今回もいくつかのマイナートラブル。このまま順調に次の車検を迎えたいところだ。

@95/850GLE H19年に初めてお預かりし、その後2回の車検を受けていただいている生駒市Kさんの850。ひところの人気からすると急激に乗っている人が少なくなっている850だが、Kさんは優等生の一人、今回の入庫も6月の車検に向けての下準備といったところか。


今週は8台。

症状が出せないまま様子見でお渡しして、納車直後に同じ症状で再入庫、となると、とにかくなんとしてもつきとめないことにはお返しできないというところまで追い詰められる。

そしてそういう車に限って、なかなか症状がでてくれないのだ。


それよりもなによりも、今週はまず不手際で延期を余儀なくさせられた940に全力。
なんとしても汚名をそそがねば。


and so on,

吉見自動車のツイッター
吉見自動車のストックリスト
[PR]
by yoshimi-auto | 2012-02-06 22:36 | diary
<< 2月7日 火曜日 雨のち曇り 2月4日 土曜日 晴れ >>



あるボルボショップの日常、悪戦苦闘の日々。
by yoshimi-auto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30