1月28日 土曜日 晴れ

the heart of saturday night

朝、一瞬だけ小雪が散らついたが、日中は陽が射して昨日より幾分暖かい。

天気図を見ると、小さな低気圧が南岸から近づいていて、昨日までの強い冬型の気圧配置が少し緩んだカタチになっているが、それも束の間で、明日からまた冷え込むらしい。

昨日、環境省から花粉情報が発表されたが、それによるとスギ花粉の飛散は2月中旬あたりから始まって3月上旬がピーク、例年より少し遅いようだ。


大寒の週末。

先週に続いて、ややあわただしい土曜日だったが、先週とは逆のパターンで、3時を過ぎてから、人の流れが激しくなり、狙っていた車の競りの時間なども重なって、スタッフ3人が休む間もない2時間になった。

いつも書いていることだけど、この人の流れだけはまったく読めなくて、数えてるみると全部で6組のお客様だったが、事前に土曜日の午後とアポイントをいただいていた4組のお客様すべてが、いっせいにその時間帯に押し寄せたことになる。

納車直前(2月2日の大安指定)の97/940TACKを、ご家族(奥様と1歳半になる娘さん)で見に来ていただいたのは豊中市Yさん。

別にとりたてて打ち合わせをすることがあったわけではなく、納車までにもういちど車を確かめておきたいということだったので、最終チェックを終えて洗車場にある赤い940を見ていただき、その後四方山話。

この車は、このあとご依頼のガラスコーティング施工のため、出張することになっている。


重なるように高槻市のTさんが、これもやはり二人の娘さんとご一緒に。

今M板金で外装の仕上げをしているワイン/タン革の240クラシックを見ていただくことになっているTさんだが、どうも奥様からやんわりとオブジェクションがあったようで、他のボルボも一応見てみたいということでのご来店だった。

いろいろ話をしていく中で、「われわれがいくら心配ないですよといってもセールストークになってしまうので、実際に240に乗っていらっしゃるお客様の話でも聞けたらいいんですけどねえ」といった話をしているところに、その実際に240(90/240GLセダン)に乗っていただいている京都のM夫妻が、車検のためお越しになった。

4年前に買っていただいたMさんの240セダンは、これまで昨夏のエアコンのリフレッシュ以外はこれといったトラブルもなく、至極順調に乗っていただいていて、これが2回目の車検。

Tさんご夫妻にはその赤い240セダンをとても気に入っていただいていて、その体験談なども話していただいたのだが、肝心の奥様がおられないので、さてどこまで伝わったか。

これは、黙して待つしかない。


そのあと代車予約の猪名川町Yさん、ポルシェ930ターボの箕面市Tさんと続き、最後に初めてのお客様、福島区のKさんがご夫妻で。

Kさんには、もともと雑誌を通して、シルバーの240ルビーレッドの240にお問い合わせいただいていたのだが、シルバーは工場での整備、ルビーレッドは売約済みということで、意中の車を見ていただけない状況でのご来店だったので、お越しいただくのが申し訳ない気持ちでいたが、展示場にあった、昨日撮影したばかりのアイスブルーの試乗をご希望され、即決でご契約いただいた。

240という車は、年式が旧いのであたりまえのことだが、国産車から(現在日産キューブという車を所有)乗り換えを考えておられる方の中には、上記Tさんのように不安を感じる方も多く、商談に時間のかかる車なので、この素早いご決断にはやや驚かされた。

人と車の出会いは、ほんとうに何年経ってもわからない。

ともかくKさんご夫妻には感謝。
その心意気にお応えできるよう、しっかりと整備してお渡ししたい。



忙しくても、こんな風に一日が終われば、疲れは感じない。



and so on,

吉見自動車のツイッター
吉見自動車のストックリスト
[PR]
by yoshimi-auto | 2012-01-28 18:53 | thank you
<< 1月30日 月曜日 曇り一時小雪 1月27日 金曜日 晴れ時々曇り >>



あるボルボショップの日常、悪戦苦闘の日々。
by yoshimi-auto
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30