久しぶりのFFモデル
a0132812_1755634.jpg

今朝の車の温度計の表示が14℃。

ついこの間まで30℃近くだったから、その温度差になかなか身体がついていかないが、台風が通り過ぎ、「後の月」の13夜も過ぎて、気がついてみれば早くも10月後半で、もう晩秋といってもいい時期になっている。

車のほうは、あいかわらず出入りは多いが、暑かった夏のあれやこれやがひととおり終わったような雰囲気で、比較的落ち着いている。

新しく車が入庫した。

このところ240や940といった、もはやクラシックボルボとでも呼べそうなFRモデルばかりだったけれど、こんどのは久しぶりのFFモデル、それも2007年はウチでは最新型である。

□ 2007/VOLVO V70 CLASSIC -- ice white -- 51,500km -- 149万円

最近のニュースで、ボルボの販売台数が定位置、つまりドイツのBIG4(メルセデス・アウディ・BMW・VW)の下の第5位に復活したという発表があったが、たぶんこれは去年発表されたV40というコンパクトなスポーツハッチの功績で、ボルボがいちばん売りたいと思っているはずの現行型のV70は、デザインやボディサイズのことで相変わらず伸び悩んでいて、価格的にもまだまだわれわれが販売できるところまでこなれていないので、中古車としてはこの2代目、それもクオリティが格段に良くなった2004年以降が販売の中心になる。

なかでもこの最終モデル2007年のクラシックは、ピンポイントで狙っている優良モデルのひとつで、この車は価格もいい感じに設定できたし、このモデルのために開発された立体感のあるアイスホワイトというボディカラーが、独特のフォルムに良く似合っていて、とても美しい。

ボルボに限らず欧州の車は、イヤーモデルとして年々改良されていくのがひとつのスタイルで、そういう意味で最終モデルがもっとも熟成されているというのがひとつの定説だけれど、なかでも「CLASSIC」は、ボルボの場合、モデルの最終型、それもフルオプション仕様の車だけにあたえられるニックネームだから、240にしても940にしても、この「CLASSIC」は、つねに展示場に置いておきたい完成度の高いモデルなのであります。

ぜひ、ご一覧のほどを。
[PR]
# by yoshimi-auto | 2013-10-18 17:06 | FF volvo



あるボルボショップの日常、悪戦苦闘の日々。
by yoshimi-auto
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30